節税や記帳に関するお悩みを解決します。

今、個人で営業していますが、法人成りを検討しています。相談にのって頂けますか?

もちろんです。法人の資本金の額や、決算月をいつにするかなど、税務面からアドバイスできることがたくさんあります。

個人でお店をされている場合、よくあるのが2号店の検討です。それぞれが利益を生む場合、かなりの税負担が予測されます。今の店舗だけで算出した税金が単純に2倍になると思っておられる方が多いのですが、そう言う訳にはいきません。青色申告特別控除が2倍になるわけでもないし、所得控除が2倍になるわけでもありません。 2号店の利益がまるまる乗ってくると考えた方がいいでしょう。

そうなると、このまま個人で営業した方がいいのか、法人成りするか、シミュレーションをしてみるのがいいでしょう。 単純に所得税額と法人税額を比較するだけではなく、社会保険料の負担なども含めて、どちらが有利なのか検討する必要があります。

法人個人の有利判定は、いろんな要素が絡んできます。必ずしも法人成りがいい結果を生むとは限りません。法人は作るのは簡単ですが、解散するときも登記が必要です。長期的な計画を立てて検討することをお勧めします。

当事務所では、社会保険労務士や司法書士とも連携しておりますので、彼らの専門分野に関する仕事はご紹介するという形をとっています。やはり餅は餅屋です。信頼できる専門家を揃えておりますので、どうぞご安心下さい。



清成淳子 税理士事務所 トップページに戻る
税理士を神戸市須磨区でお探しなら清成淳子 税理士事務所